HOME > 医療機器分野専門ページ > 医用(DICOM) データからの3Dデータおよび模型製作

医用(DICOM)データからの3Dデータおよび模型製作

CTやMRIなどで撮影された2D連続スライス画像データは、DICOMと呼ばれるファイルフォーマットで出力されます。
このDICOMファイルは、そのままでは3Dデータとしては使用することができません。
弊社では、このDICOMファイルを様々なソフトにより3Dデータに変換いたします。
また、変換しただけでは3Dプリンターに出力したり、3Dデータとして活用することができない場合が多いため、データ変換後の修正も行います。

≪ 脳のデータ抽出および修正 ≫

脳は、その上下で閾値が異なったり、膜が付いていることにより、非常にデータの抽出が困難であるため、3Dデータとして活用できるデータにするには、様々な工程を経て修正を重ね、データを完成させます。

1脳全体の3Dデータから不要物などを除去

2脳だけのデータを抽出し、ノイズ除去後スムージング

3脳の3Dデータが完成しました。

4脳の3Dデータを元に、3Dプリンターで立体模型を出力

≪ 血管のデータ抽出および修正 ≫

血管の3Dデータ作成においても、脳と同様、閾値の違いにより、いっぺんに抽出することが困難であるため、抽出する数値をコントロールしながら、少しずつデータを採集していきます。

1血管データの抽出を開始

一回目に抽出した血管データ

2閾値をコントロールしながらデータを抽出

抽出する数値をコントロールしながら必要なデータをさらに抽出し完成させる

3動脈、静脈に分け、それぞれのデータを完成させる

動脈
静脈

4動脈、静脈の座標をあわせて合成

5完成した血管の3Dデータを元に3Dプリンターで可視化模型を出力